就職に強いクリエイターになるコツ

実践で使える技術を学ぶ

イラスト

いくら高い技術を持っていても、その使い先がなければ収入には結びつきません。また、その逆もまた然り。WEB制作の現場ですぐにでも活かせるスキルを持っていれば、技術力はそれほど高くなくとも重宝されます。
重要になるのは、WEB業界でなにをしたいのかをしっかりと考え、そのために必要なスキルを学んだ後、それが活かせる企業に就職しスキルを磨くことです。
その意味では、WEB業界での就職や転職の成否は、既にプログラミングスクールを選択した時点で決まっているとさえいえます。
だからこそ、スクール選びではWEB業界の現状から見て研修内容が実践的かどうかを、しっかりと確認する必要があります。学習の方向を間違え、実践向きではないスキルの習得に時間を使ってしまうと、学ぶ努力がすべて無駄になってしまう可能性さえでてきます。
どれほど高度な技術と知識を習得していたとしても、それがWEB制作の場で実際に活用できないものでは、企業側も採用後のイメージが湧きません。逆にどのような形で活躍してくれるのかが想像できる人材であれば、多くの企業が採用に動きます。

就職に有利な資格を取得する

実際の就職・転職に際しては、資格の有無が合否に影響する例は少なくありません。スキルや知識の有無や程度を客観的に証明するものが「資格」だからです。では、IT技術関連、中でもWEB制作に関わる資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

WEB関連の資格として、もっともよく知られているものにWEBデザイン技能検定があります。この資格は、現在のところWEB関連では唯一の国家資格です。
HTMLやイラストレーター・ソフトなどを代表に、WEB制作に関する能力や知識が試されます。クリエイターにとってこの資格の有無が1つの評価基準ともなっているので、WEB関連でなにか資格を取ろうと考えている方は、ぜひ受験を検討してみるべきものといえます。

WEBデザイン技能検定に次ぐものには、WEBデザイナー検定があります。国家資格でこそありませんが、やはりこちらもWEB業界で十分評価されるもの。
WEBデザイナーとしてキャリアアップを考えるのであれば、さらにレベル高いレベルのWEBデザイナー検定エキスパートの受験も視野に入れるべきです。