再注目されるプログラマーの仕事

意外と難しくないプログラミングの基礎知識

イラスト

プログラミングと聞くと、複雑な計算式や専門知識が欠かせない理系エリートの仕事と誤解されがち。
ところが、現実はまるで異なります。コンピューターにやらせたい仕事の指示、という単純明快な入力作業がプログラミングなのです。
ただし、コンピューターは人間の言葉を理解できません。そのため、コンピューターがわかる言語での指示が必要になります。この「コンピューターがわかる言葉」がプログラミング言語です。

つまりプログラミングとは、コンピューターへの指示をプログラミング言語で入力していく作業なのです。その点を理解すれば、文系や理系に関係なく、プログラミングは誰もが簡単に学べるものであることがわかるはずです。
もっとも、外国語に種類があるようにコンピューター言語も1つではありません。プログラミングの内容によってさまざまな言語が使われていますから、プログラミング学習にあたっては、どんな目的・仕事のプログラミングを習得したいのかをしっかり確認すべきです。
ただ、言語間には共通の部分も多いので、複数の外国語を学ぶよりはかなりハードルが低いことは確実といえます

社会人にプログラミングスクールが人気の理由

現在では、文系理系を問わず多くの社会人がプログラミングスクールに足を運んでいます。日常的な仕事の中で、プログラミングがかなり身近な存在になりつつあるのがその理由です。
IT技術の発展により、コンピューターや機械が人間に代わってさまざまな仕事を行うようになっています。その傾向が進んでくると共に、コンピューターに仕事の指示を出すプログラマーの存在が重要になってきました。
実際、文部科学省では、小学校の教育課程に文理問わずプログラミングの授業を取り入れようという議論もでているほどです。一昔前は、プログラミングといえば理系の専門職のような位置つけでしたが、現在では一般の社会人が知っておくべき教養の1つへと変わりつつあります。

しかし、今日、社会の最前線で活躍している人たちにとっては、プログラミングといえば「理系の専門職」であったのも事実でした。つまり、まったく馴染みのないスキルを喫緊に習得しなければならなくなったのです。
効率よくプログラミングの基礎知識を学べるプログラミングスクールの需要が増えてきたのがそのことも影響しています。また、スクールでしか得られないWEB業界の人脈など、副次的な効果がさらに人気を盛り上げています

スクールで学べるスキル

プログラミングスクールは社会人の需要が大きく、現在では多くのスクールで仕事と受講が両立できるようなカリキュラムが組まれています。
プログラミグスクールで習得できるのは、アプリ開発や機械による仕事のオートメーション化などに必要なIT知識、プログラミング言語です。独り立ちできるプロクラスのスキルを身につけることは難しいとはいえ、受講を終えれば、ゲームやツールを作ることができるレベルにはなります。あくまでも基本的な知識を確実に習得することが目標ですが、この基礎知識を効率よく学べるというメリットは、想像以上に大きいといえます。
多くの初心者がつまずくハードルを確実に越えられるからです。基本さえ確実に習得すれば、その後は努力次第でいくらでもスキルに磨きをかけることができます。
ただし、習得できるプログラミング言語は、スクールによって異なっていることがほとんど。スクール選びに際しては、自分がプログラミングスキルを身につけて、具体的になにがしたいのかを再度確認する必要があります。