WEB業界の給料事情とは?

大手企業になると年収1,000万円超えも!

イラスト

IT技術、とくにWEBデザインのスキルを活かせる仕事では、広告業界の年収の高さが際だっています。
たとえば、最大手の電通などでは、年収1,000万円を超えるWEBデザイナーもいます。WEBサービスの需要は確実に増加していますから、広告業界ではIT技術者がさらに必要とされることは間違いありません。
現状では、WEBデザイナーの平均年収は300万円から500万円クラスです。WEB制作会社などの企業に所属するWEBデザイナーの利点は、安定した収入と着実なキャリア形成の機会といえます。
一方で、フリーランスでは企業内デザイナー以上に個人のスキルや実績等が重視されます。また、営業等もすべて自分で行わなければなりませんから、収入は安定しません。WEBデザイナーとしてのキャリア形成を考えるのであれば、通常は企業に所属することをおすすめします。
一方、高度なスキルを身につけ、すでに広範な人脈を手に入れているのであればフリーランスで働く方が魅力は大きいといえます。企業勤めでは手が届かないほどの収入を得ることが可能だからです。自身のスキルが世間に認められ、「自分」というブランドが出来上がった人気クリエイターは、企業では考えられない程の高い単価で仕事を請け負うことができます。
とはいえ、それは実績とキャリアが十分あってこその話です。プログラミングスクールのカリキュラムを完了した後は、まず企業でキャリアと実績を積むことに専心し、その双方を手に入れたうえでフリーランスに挑戦した方が良いでしょう。

WEB業界の給与水準

WEB業界の仕事として代表的なものは、WEBデザイナーとプログラマーです。この両者の一般的な年収は300万円~400万円台といわれています。
しかし、これはあくまでも平均年収に過ぎません。WEBデザイナーから転向し、WEBディレクターやWEBプロデューサーになると、大幅な年収アップを目指せます。
また、WEB業界で活躍するフリーランサーの収入は、かなりばらつきが見られるのが特徴です。年収が1,000万円を超えるプロがいる一方、月収程度の年収しか得られない人もいます。

WEB業界の年収は景気動向に左右される部分も目立ちます。
たとえば、企業勤めでは忙しい年では残業代だけで100万円程度は優に異なります。また、当然のことですが勤務する企業、雇用形態、待遇によっても年収が変わってきますので、勤務先の選択には十分留意が必要です。
とくに残業代のカウントによって、年収はかなり左右されますから、勤める企業の待遇に関する諸条件は雇用前にしっかりと確認しておかなければなりません。

年収アップを目指すには…

WEB業界の代表職種であるWEBデザイナー、プログラマーには、年収を大きく左右する共通の条件があります。それがスキルの幅広さです。
WEB業界では仕事を外注することが多く、その際にまとまった量の仕事を同一の外注先に発注する傾向が見られます。サイトの統一感や効率性の面からその傾向が強いのですが、当然、仕事は対応できる業務の多い人材に集中します。
一方、プログラミングスクールで習得した基本的スキル程度の実力では、ほとんど仕事が回って来ないことも考えられます。

幅広いスキルを持っているということは、受注面以外にも大きなメリットがあります。扱える仕事の幅が広ければ、収入を増やす選択肢が格段に多くなるからです。
WEBデザイナーとしての高評価を元にWEBディレクターやWEBプロデューサーに転身し、収入アップに成功する例は多々あります。また、プログラマーでは、独自開発したアプリをWEB上で販売して億単位の収入を得ているという話もよく聞かれます。
WEB業界で高収入を得るにためには、現状のスキル・知識で満足せず、つねに自発的な勉強と努力を怠らないことが必要です。