センスが光る!WEBデザイナーの仕事

WEBデザイナーってどんな仕事?

イラスト

インターネットユーザーがアクセスしたWEBサイトに好感を持つかどうかは、WEBデザイナーの能力にかかっています。その影響力は非常に大きなものといって間違いありません。
サイトの構成をまとめて人気の出るようにデザインすることはもちろん、ユーザーが使いやすく快適に閲覧できるサイトとしてつくり上げるのも、またWEBデザイナーの役目です。
いまや当たり前のように、どんな企業でも自社の情報サイトや商品販売サイトを展開しています。そのWEBページを制作するのは、自社内のWEBデザイナー、制作を依頼された外部の制作会社やフリーランスで活動するWEBデザイナーたちです。

WEBサイトにどのような印象を持ってもらえるかで、企業そのものや製品の評価が変わります。さらにネット通販では、サイトのつくり方次第で売上げに直接影響が出ます。
そのような理由から、WEBデザインのスキルに対する要望はなお一層高まってきています。パソコンやインターネットの知識や情報量だけでなく、個人のセンスまでが試される点で、WEBデザインはWEB業界の中でもデザイナーの個性が非常に強く表れる職業です。

就職とフリーランスの違い

WEBデザイナーが企業に勤めるメリットは仕事と収入の安定です。インターネットビジネスは拡大のスピードをさらに速めています。そんななかWEBデザインへの需要も止まることを知りません。
WEBサイト制作会社やWEBサービス会社などに就職すれば、次々に仕事を請け負うことが当然になり、短期間で多くの経験とキャリアを積むことができます。
しかし一方では、仕事量が過多になりやすい危険性もあります。少数精鋭のベンチャーが多いWEB関連企業では、作業が仕事量に追い付かないことも頻繁です。

その点、フリーランスであれば仕事量を自分で調整することが可能で、自分のペースで仕事をすることができます。
ただし、安定的に仕事を受注するためには、企業内のWEBデザイナー以上の高いプログラムスキルやデザインセンスが求められます。また、企業に属していればなにかミスをしても周りがフォローしてくれますが、フリーランスではそれが原因で仕事がなくなるなど安定性に欠けます。
そこで一般的には、企業で多くの経験を積んだあとに独立するというキャリアが多くなっています。

スクールで学べるスキル

プログラミングスクールは、プログラミングをはじめとしたトータルなWEBの構築スキルを身につける場所です。WEBデザイナーに必須といえる基本スキルは大きく分けて3種類。
デザイン系スキル(イラストレーター/フォトショップ)、ホームページ制作系スキル(HTML/CSS/ワードプレス)、プログラミング系スキル(ジャバスクリプト/ジェイクエリー)です。
どれも汎用性が高いスキルといえますから、WEBデザインはもちろん、今後、WEB業界での仕事を考えているのであれば、これらのスキルを身につける意味は十分にあります。
また、基本スキルだからこそ、系統的に正しく習得することで独学による弊害を未然に防いだり、スキルアップのための学び直しの意味も大きいといえます。

これら3種類のスキルを実践できるレベルが、プログラミングスクールの役割です。
ただし、WEB業界で活躍していくためには、WEB制作の場でさらにスキルに磨きをかけ経験を積んでいくことが欠かせないことはいうまでもありません。そのための強力な助けとなる人脈形成・情報収集・就職サポートなど、独学では得られないものを得るためのネットワーク機能もまたプログラミングスクールの役割といえます。
系統的に基本スキルを身につけるとともに、WEB業界の入り口ともなっているのがプログラミングスクールです。